急性骨髄性白血病で人生初の入院〜闘病日記

44歳まで入院経験のなかった私の、急性骨髄性白血病闘病記

点滴卒業と一時退院 ー入院43日目ー

先週1か月以上入れていた中心静脈カテーテルを抜いて、まだ輸血もするからと手に点滴を入れられましたが、2日もたつと「点滴が落ちなくなった」と、ちゃんと血管に入っているか注射器で「引いて」みて血が戻ってこない=血管にちゃんと入ってないってことになり抜かれてまた別のところに刺され…

また2日くらいたった昨夜、深夜に起こされて同上にて抜かれ…
今はほとんど水分の輸液だけだから明日でもいいじゃーんと思ったのに2回刺されてだめで、結局上の人が明日にしましょうと判断。(ほら~…)

今朝になって、血液検査の結果輸血はもういらなそうだけど、腎臓の数値が少し高くて…ということだったので「水分多めにとります!」と言ってこのまま卒業にさせてもらいました。

点滴棒とも1ヶ月以上のつきあいだったからな~
またすぐお世話になりますが…

 

で、今朝の採血結果。

(左から、今朝←8/20←8/19←入院前)

白血球         1.2 ←  1.0 ← 1.0  ← 14.8(基準値3.3-8.6)
赤血球      2.82 ← 2.85 ← 2.35 ← 4.34(基準値3.86-4.92)
ヘモグロビン      8.3 ←  8.2 ← 6.9  ←  2.3(基準値11.6-14.8)
血小板    32.7 ←  32.6 ← 28.8  ← 9.3(基準値15.8-34.8)

(左から、今朝←8/20←8/16←入院前)

Seg                   22.0 ←  18.0 ← 13.0  ← 23.5(基準値40-70)

 

この結果を持ってきたM先生、先週話していた通り一度退院してよさそうだと。

私は1.5はいかないとかなーと思っていて、これまでのペースだと今週きびしいのでは?とも思いましたが「外来で1切ってる人もきたりしますし、上がってきたら次の治療に入るから退院するタイミング逃しちゃうしね」ということで、今週後半で退院できそうです。

もちろんうれしいですが、7~10日くらいの退院だし、まだまだ先が長いことがわかっているので心からは喜べないという感じもあります。

でも、今はまず一度家族の顔が見れることをうれしく思わないと。
ヘタしたらこのまま継続入院なんて…と思っていたので。

いい話のあとすぐですが、退院して顔を見て話せるうちに家族に言うのはつらいけど移植の可能性があって、その場合どうするかと相談しておきたいなと思ったので改めて移植について話を聞きました。
いろんな確率の話とか、現状想定する私の状態からいうとM先生は移植をすすめるという感じでした。

これまではあまり心配させることは言わないようにしていたけど、楽観的に考えていてあとで落胆するより…と思うので、ちゃんとリスクも含めて話そうと思っています。