急性骨髄性白血病で人生初の入院日記

44歳まで入院経験のなかった私の、急性骨髄性白血病闘病記

無菌室入室! ー入院③-4日目(通算81日目)ー

検査もそうですが、無菌室への移動も急な話で…

当初から、入院から3日くらい一般病棟で様子見てから無菌室へ移動とは聞いていましたが、入院してもいつ移るのかはっきりしないで迎えた昨日3日目。

なるべく人が使った後じゃないほうがいいので、いつも通り朝食後、一番の9時にシャワーを浴びて部屋に戻ると一枚のメモが。

『無菌病棟への移動が急に決まりました。また伺います。』

おーい!また急かよ!

無菌室に入ったらまずすぐにシャワーを浴びさせられると聞いていたので、あまりにシャワー直後で…
また浴びるの!?と思いましたが、そこはさすがに免除してもらえました。

まあ、実際無菌室に入っても治療が始まるまでは外来へ検査も行くし、院内のコンビニにも行けるし、アクセスカーテンという、みなさんが想像しているビニールのカーテンもまだ閉めていません。

『特殊な雰囲気』とかって聞いていたので、ただでさえ気の滅入る治療なのに部屋の雰囲気で余計に滅入るかな…と思っていましたが、入ってみたら全然そんなことなく。

まず、眺めは病院の旧建物が間近に見えてそれはイマイチですが、少し先に目を向けると、私の職場の建物の一部が見えました。
これは復帰に向けて前向きな気持ちになれます。
また、前の入院の時見えていたドクターヘリの駐機場も窓際にいけばこちらからも見えるのでまた音がしたら都度見たいと思います。

そして室内ですが…広さがこれまでの有料の個室より少し狭くてちょうど落ち着く感じです。
暗いと聞いていたのは廊下で、室内は特別暗いこともなく、これまでと違ってベッドの片側が壁についていて、電気とかのスイッチが横にあるのも地味に良い。

テレビや窓が足側にあるので寝ながら見やすそう、など全体としては悪くないです。

まあ…ベッド上の金属の枠は物々しく見えるかもしれませんが、天蓋付きベッドと思えば👸
f:id:amlm5:20211021162347j:image

f:id:amlm5:20211021162357j:image

この装置で高性能のフィルターで空気が循環されていて、治療が始まるとアクセスカーテンを閉めてさらに風速を強にして(日中)顔のあたりが常に清潔な空気になるようにするそうです。

事前に説明を受けていましたが、他に珍しいのが…洗面台とシャワー。

f:id:amlm5:20211021162407j:image
左のほうに装置があると思いますが、この部屋で出る水は消毒された水なので歯磨きのうがいに使えません。
なので右のほうにある「注射用蒸留水」というやつでうがいなどをします。

さらに、衛生的に保つため、22時・6時・14時くらいに勝手に水が出ます。
寝てるときはちょっとびっくりします。

あとは細かいけど、一般病棟はカーテンだったのに対し、二重窓の間のブラインドになっていること。

f:id:amlm5:20211021162707j:image
確かに、日ごろからカーテンやブラインドって埃が気になりますよねー。

荷物も無事全部置く場所に収まり、台車で運んできた3箱の飲み物と5箱のウイダーインゼリーも陳列して、無菌室生活開始しました。
f:id:amlm5:20211021162421j:image

治療後の体力ダウンに備えて、少しでもできるうちに体力をつけておこうと無菌エリア内のエアロバイクを漕いでみましたが、なんだかジムに通ってたころを思い出し、結構音楽聞きながらやってると30分とかあっという間にたつので、いい暇つぶしになります。
治療はじまってもできたらいいけど…厳しいかな。

f:id:amlm5:20211021162431j:image

 

ひとまず、無菌室レポートでした!