急性骨髄性白血病で人生初の入院日記

44歳まで入院経験のなかった私の、急性骨髄性白血病闘病記

移植前処置6日目・化学療法(エンドキサン1日目) ー入院③-13日目(通算90日目)ー

前処置もあと2日。
今日明日ははじめての抗がん剤エンドキサン。

昨日も夕飯はほとんど食べられなかったけど、やはり寝ておきると少しすっきりしている。
そして、今日からセレクト食にしたので、朝食は少しだけたべられて、そのあとスピードは少し遅めだけどエアロバイクもいつもくらいの時間漕げた。
やっぱり体を動かすと少し気分がよくなる。

さらに、今日も看護師さんとかに「6日目で、私他の患者さんにくらべて元気なほうですよね?」と聞いて、自分は平気な分類だとさらに気持ちを高めて…

いざ準備に。

抗がん剤の副作用のひとつに”口内炎”というのがありますが、私は初回はなく、2回目は歯茎が腫れてしまいましたが、食事がとれていたので大したことはないほうかな。
でもエンドキサンではひどく出がちなのか、”クライオセラピー”という予防策を行います。(うちの病院では推奨している)

投与30分前から終了1時間後までの約3時間半、冷えピタを外から貼り氷やアイスを口に入れてとにかく口を冷やす!
そうすることで、唾液腺を閉めて抗がん剤が唾液腺から出てこないようにするのだそうです。


f:id:amlm5:20211030110945j:image

寒いし、おなか冷やさないか心配なんだけど…まあ口内炎もなめてるとほんとつらいみたいなので、できることはやるしかない!
(脱毛でもあの冷やすときが苦手だったんだよなー…)